タグ ‘equipments’

#8 My impression of “ROCK + Effector”

このサイトで10年以上にわたってグダグダ書いているのは、「機材でどこまでCharさんの音に迫れるか」ということです。ところがやってくうちに機材が同じになればなるほど腕の違いによる音の差が歴然と(笑うしかない)聞こえるよう […]


#6 Ash, Alder, or Poplar? Body Materials of Mustang

ムスタングは今でこそ使うプロも多いし、ステイタスを確立していると思いますが、20年ちょい前はCharさんしか使わないくらいの勢いでした。90年代に入り、ニルヴァーナが売れて、いわゆるグランジロック(もうすでにこういう名前 […]


#5 Dynamic Vibrato part2 Floating version

#4のベタづけの回にも書いていますが、僕がCharさんのコピーを始めた頃、Charさんのユニットはベタづけでした。たぶん。それはある時期からそうなっていたんだろうと思うのですが、どこからかはわかりません。アイドル期はGi […]


#4 Dynamic Vibrato part1 Non-floating version

アームユニットの調整はCharコピーの必須項目ですね。ムスタングのダイナミックビブラート,そしてストラトキャスターのシンクロナイズドトレモロ。ほかにもあるけれど,主にはこのふたつのユニットをどう乗りこなすかというところだ […]


#1 How can we get his “Amazing” tone? part1 ”Hardware side”

Charコピーをする人たちには永遠の命題,音作り。機材,奏法,双方(笑)…サイト開設以来,何度となく繰り返してきたこの話題。今回の全面改訂にあたり,さすがに16年前の文では恥ずかしいと思い,新たにわかったことなども入れな […]