2015年5月

#6 Ash, Alder, or Poplar? Body Materials of Mustang

ムスタングは今でこそ使うプロも多いし、ステイタスを確立していると思いますが、20年ちょい前はCharさんしか使わないくらいの勢いでした。90年代に入り、ニルヴァーナが売れて、いわゆるグランジロック(もうすでにこういう名前 […]


#5 Dynamic Vibrato part2 Floating version

#4のベタづけの回にも書いていますが、僕がCharさんのコピーを始めた頃、Charさんのユニットはベタづけでした。たぶん。それはある時期からそうなっていたんだろうと思うのですが、どこからかはわかりません。アイドル期はGi […]


#4 Dynamic Vibrato part1 Non-floating version

アームユニットの調整はCharコピーの必須項目ですね。ムスタングのダイナミックビブラート,そしてストラトキャスターのシンクロナイズドトレモロ。ほかにもあるけれど,主にはこのふたつのユニットをどう乗りこなすかというところだ […]


#3 How can we get his “Amazing” tone? part3 ”Right Hand”

コピーに取り組むようになって最初の難関はいわゆる「Charコード」でした。しかしこれは映像作品がリリースされてずいぶん楽になりました。いわゆる「目コピ」状態が可能になったからですね。ライヴに行っても当初は左手ばかり見てい […]


#2 How can we get his “Amazing” tone? part2 ”Left Hand”

体格が,とか骨格が,とか言う話はこと「コピー」わかりやすく言えば「モノマネ」の世界では極めて重要ですよね。骨格の似ている人は特に声なんかよく似ている。いちばんいいのは体格の比率に合わせてギターのでかさやネックのスケールを […]